スズメバチの巣を駆除したいなら~業者にまかせることが最も安心~

危険なスズメバチ

部屋

日本で生息している蜂にはさまざまな種類があります。主にミツバチや、スズメバチ、アシナガバチです。その中でも特に危険だといわれているのがスズメバチです。スズメバチは攻撃的な性格をしており、さらに猛毒を所有しています。そのため、近づいた人間を刺し、死をもたらす危険性があるのです。また、スズメバチはわずかな変化にもすぐに気づきます。迂闊に近寄らないようにしましょう。自宅の家屋にスズメバチの巣が発生してしまった場合は、すぐに業者に依頼して駆除してもらいましょう。スズメバチに刺されるとアナフィラキシーショックを起こし最悪の場合、死に至る可能性があります。刺される前に駆除する必要があるので、業者に相談して早急に対応してもらうと適切です。

スズメバチの巣を駆除する際は、業者に依頼すると適切だといいましたが、巣の大きさによっては自分で駆除することも可能です。スズメバチの巣は3段階によって形成されていきます。初期段階はお椀を逆さまにしたような形をしています。この段階ではスズメバチの女王蜂と幼虫しかいません。また、中を安易に確認できるため、殺虫剤で遠くから狙うことができます。長い棒で叩き落とすのも簡単なので手軽に駆除できるのです。次に丸底のフラスコを逆さまにしたような形になります。狭い入り口が1つしかないので、穴を塞ぐことができれば手軽に駆除できます。また、この段階まで巣の中にいるのはスズメバチの女王蜂と幼虫だけです。最終形態は球体になります。球体になると大変危険のため、業者に駆除してもらいましょう。