スズメバチの巣を駆除したいなら~業者にまかせることが最も安心~

駆除しやすい時期

一軒家

スズメバチは冬になると寒さで寿命を迎えてしまいます。そのため、10月頃にスズメバチの巣を見かけたという場合は、11月から12月になるのを待つと適切です。その頃には多くの働き蜂が寿命を迎えているため、比較的安全に駆除することができます。しかし、場合によっては女王蜂だけが生き残っている可能性もあります。女王蜂に刺されないためにも駆除する際は、充分に注意しましょう。また、冬を過ぎると戻ってくることもあります。さらに、他のスズメバチが引き続き巣に住み続けることもあるので巣ははやめに駆除しておくと適切です。スズメバチの巣を安全に駆除したい人は、冬の季節を狙って行ないましょう。冬を越えても巣が発生した場合は、その場所がスズメバチにとって最適な場所だと考えられます。対策を施すことが適切です。

しかし、夏はスズメバチが活発的に活動します。そのため、スズメバチによる被害報告も夏や暑い時期には多くなります。この場合はすぐに駆除を検討する必要があります。スズメバチの巣を駆除するには夕方から夜間に行なうと適切です。夜間に行なう際は懐中電灯を使用する人が多くいますが、スズメバチが光に反応し攻撃してくることがあるので注意しましょう。懐中電灯などの灯りを使用する際は、赤いセロハンを貼っておくと適切です。また、離れた位置から殺虫剤を吹き付けることでスズメバチを安全に駆除することができますが、巣の中にスズメバチが生き残っていることを考慮して、注意して近づきましょう。とはいえ、夏はスズメバチの攻撃性が高まっているため、スズメバチの巣を駆除する際は業者に依頼することが適切です。